一人暮らしとソファについて

就職や進学で一人ぐらいを始めるとき、お気に入りの家具やインテリアで部屋を自分好みにコーディネイトしたいと思うものです。いろいろなものを置くためには十分な広さの部屋が必要ですが、広い部屋はその分賃貸料も高くなるので、結局はそこそこの広さの部屋に落ち着くことになります。そんな中でも、リラックスするのに役に立つのがソファです。ソファなら、座ったり寝転んだり、いろいろな使い方ができます。もちろん座るだけなら椅子で十分ですが、ゆったりと座るには普通の椅子よりも、やわらかさや大きさの点でソファの方が好ましいものです。また、ソファなら座っている姿勢からそのまま寝転ぶ姿勢に移行するのも簡単なので、気分に応じて姿勢を変えることが簡単に出来ます。

寝るにはローソファがオススメ

ソファの中でも、一人ぐらいの空間を効率的に使うにはローソファが役に立ちます。これは足の部分がとても短いか、あるいは足がないタイプのソファーです。普通のソファーでも、足を投げ出したいときには椅子やローテーブルを使えばよいのですが、ローソファなら床にそのまま足を投げ出せばよいので、椅子などを引き寄せる手間がかかりません。また、もうちょっとしっかりと横になりたいと思ったときには、床に布団を敷けば簡単ベッドの出来上がりです。布団を敷くならソファはいらないのではと思うかもしれませんが、ソファがあればちょっと横になりたいと思うときにいちいち布団を敷く必要がありません。そうかといって、万年床にしておくのも見た目にも衛生的にもかなりよろしくないので、その点でもソファーの役割は大きいのです。

ローソファとはソファよりも高さが低いソファのことです。リビングに、低いダイニングテーブルとともにおき、食事をする方もいます。

Back to Top