パネルタイプは取り付けが自在!!家庭用なら登坂型がぴったり!!

植物が育つパネルを設置するタイプ

夏場などは非常に日差しが強くなります。建物などの壁に日差しが照り付けると、その熱がどんどん中に伝わってしまうときもあります。室内の温度が上昇すればその分室内の冷房を強くする必要が出てきます。生活のためのコストが上がるかもしれません。その時に利用すると良いのが壁面緑化の仕組みです。オフィスビルやマンションなどだと比較的広い壁に設置したいときがあるでしょう。この時はパネルタイプの仕組みを使います。小さいパネルに植物が生える環境、水やりの環境、空気の通り抜けの環境が用意されています。後はそれを壁に必要数取付けるだけです。トラブルが発生した時はトラブルが起きた部分だけ取り換えれば済みます。気になる部分だけの取り付けも可能です。

家庭などで比較的設置しやすい登坂型

ベランダといえば南向きの比較的日当たりのいいところが多いです。マンションなどではあまり北向きはなく、東向きや南向きが多くなります。日中の明るさや冬の寒い時などは、この日差しが助かります。しかし夏の日差しは困ります。カーテンなどで日差しをよける方法もありますが、より自然な方法で日差しをカットできるかもしれません。壁面緑化の仕組みを利用するとき、登坂型であれば簡単に窓などに設置ができます。下にあるプランターなどに植物を植え、後は成長によって上に這わせるようにします。一定の時間はかかりますが、夏前に植えておけば真夏にはしっかり日差しをよけてくれます。夏場には日差しをよけてくれ、秋から冬は枯れるので日差しを受けられます。

外壁に植物を植えることを壁面緑化と言います。緑化することによって直射日光を建物が直接浴びることなく劣化を防げ、気温を下げることで夏の暑さも和らぎます。

Back to Top