意外とおとなしい?グリーンイグアナの買い方から飼い方まで

爬虫類専門店へ行ってみよう

グリーンイグアナは一時期ちょっとしたブームとなり、大型のペットショップでも簡単に手に入れることができました。しかし、大きくなりすぎて手放してしまう方が多く、現在はあまり販売されていません。しかし、グリーンイグアナに詳しい爬虫類専門店では幼体を販売しており、個体差にもよりますが、およそ3000円から5000円で購入することが可能です。

家に迎える時に必要なモノ

グリーンイグアナの幼体は小さいとはいえ、そこそこ大きなゲージが必要です。おすすめは1メートル以上高さのあるアクリル製のゲージと観葉植物です。また、グリーンイグアナは上から掴まれると敵に襲われたと思うため、出入りするスライド式扉が必要です。
幼体も成体もエサは同じで、人間が口にしている野菜なら何でも食べます。また、定期的に水の取り換えと糞の掃除を怠らず行いましょう。そして、日中は30度前後、夜は25度から28度程度にするため、温度調節できる照明器具が必要です。

体が大きくなった後は

体が大きくなるとゲージは窮屈になってしまいます。部屋が余分に空いている家に住んでいれば、イグアナ専用の部屋として使えますし、空いていない場合は放し飼いすることもできます。どちらも温度調整が必要ですが、上記の通り人間が快適に暮らす温度とさほど変わりないため、エアコンと加湿器があれば十分です。
イグアナは頭が良く、飼い主の顔を覚えます。オスは発情期になると攻撃的になりますが、飼い主に攻撃することは稀なため、少し距離を置く程度でいいでしょう。専用の水飲み場を用意すると場所を覚え、勝手に飲みに行くようになります。
最後に、大人しいとはいえ鋭い爪を持っています。多少の傷は覚悟しておきましょう。

子猫販売なら東京が魅力的です。東京には非常に多くの人口密度が魅力な点となっており、子猫を飼いたい方も多いです。

Back to Top