うさぎをペットとして飼うために覚えておきたい3つのこと

うさぎの種類と選び方

うさぎは、あまり鳴かないしお散歩を必要とするわけでもないので、比較的室内で飼いやすいペットとして人気があります。しかし、うさぎの種類はけっこう多く、ざっと150種類くらいあります。毛が長い、短い、目の色、耳の大きさなど様々です。見た目の可愛さだけでなく、うさぎの性格もあります。選ぶときは、いろんなうさぎと触れ合って、実際にエサやりもしてみると、うさぎとの相性が分かってきますよ。

飼育スペースの確保とゲージの選び方

室内で飼いやすいうさぎですが、ゲージを置く場所があるか、どの程度のゲージが必要になるかはあらかじめ決めておく考えておく必要があります。うさぎは、音に敏感なので、大きな音がでるもの、TV、お風呂場の近くは避けた方が良いです。ゲージ内は、エサ場とトイレ、適度な運動スペースがあればうさぎにとってベストなので、狭すぎず広すぎずが良いですね。また、うさぎは、縄張り意識が非常に強いので、ゲージで守られていると感じると、安心感を覚えるので、ゲージ内を工夫して安心できる場所にしてあげましょう。

うさぎのトイレしつけ方

元々野生のうさぎには同じ場所でおしっこをする習性があるので、一度覚えたらほぼ同じ場所でトイレをするようになります。それはうさぎは、臭いでなんでも場所を思える習性があるからです。最初のうちは、ゲージのあちこちにおしっこを巻き散らかしてしまうこともあると思うので、おしっこを染み込ませたティッシュなどを同じ場所にまとめておいておくと、そこがトイレだと思い込むようになります。トイレ以外でしてしまったら、こまめに拭き、消臭スプレーをかけると良いですよ。

車でも電車でも、どの交通手段でもアクセスは大変便利なので子犬販売なら東京がおすすめです。東京の広い土地で育てられます。

Back to Top